楽しいを、みんな、ずっと。日常にある「楽しい」を綴るブログ《アミュゾン・ヌ》

Amusons-nous!

おいしいお店

奈良といえば吉野本葛!絶対食べたい葛スイーツ【天極堂】




JR奈良駅に直結する商業施設「ビエラ奈良」の2階には、吉野本葛専門店の『天極堂(てんぎょくどう)』が入っています。

1870(明治3)年創業で、本店は、奈良県庁付近の東大寺の西大門跡地にあり、こちらのJR奈良駅店は7号店にあたるようです。

吉野本葛は高級で、葛のメニューがこれほどそろうお店も身近にはないため、奈良に来たならば絶対に食べておきたい一品です。

店内には飲食スペースもあり、軽食からスイーツまで「本葛づくし」の多彩な商品を楽しむことができます。

あれこれ気になる豊富なメニュー

飲食スペースはとてもシンプルな作りになっています。

私は、日曜日のお昼過ぎに伺いまして、お茶の時間にはまだ少し早い時間帯だったので混雑はしていないものの、入れ替わり立ち替わりお客さんがいらっしゃいました。
今回はカフェのみの利用だったのですが、店頭のメニュー表を見ると、葛うどん、葛とじごはん、葛粥、葛カレーといった単品だけでなく、『季節の膳』といったセットメニューもありました。気になるメニューばかりです。

本葛を練り込んだ『葛ソフトクリーム』というのもありました。

カフェメニューも本当にたくさんの種類があり、葛まんじゅうや葛きりといった和風の定番のもの以外に、葛ブリュレや葛パウンドケーキなどの洋風にアレンジされたものがあって、なかなか決めることができませんでした。

せっかく店内で頂くのだから、作り立ての温かいものにしようと思い、私たちは『葛もち』と『濃茶葛ぜんざい』を選びました。

葛もち

濃茶葛ぜんざい

以前、大願寺で「薬草料理」という精進料理を頂いたことがあるのですが、その時のメニューに『葛の刺身』というものがありました。

葛きりのような見た目なのですが、「葛は出来立てをすぐに食べないと、秒単位で鮮度が落ちて、味も落ちる」と説明を受けまして、お膳に置かれたら即食べるようにと、とても急かされた思い出があります。

その時の記憶があるため、今回の葛もちも「味が落ちる!すぐに食べなければ」と思い、慌てて頂きましたが、砂糖を加えて作られている葛もちは、そこまで慌てなくても大丈夫のようです。

温かい葛もちは、ぷるぷるとしてるのに溶けそうなほど柔らかく、本当に本当に美味しかったです。

そして、『濃茶葛ぜんざい』は、お濃茶(おこいちゃ)自体がメニューにあるのも珍しいのですが、葛と合わせるとスイーツになるのだなと新しい発見でした。

「京都宇治の厳選茶葉を使用」とあり、甘さが非常に控えめで、とても美味しかったです。

それから、こちらでは「健康茶」を出してくださるのですが、自然界に自生する野草、薬草、穀物が16種類も入ったお茶だそうです。このような点も嬉しいです。

店内には、実物のクズの根も展示されていました。私は初めて見たのですが、長芋に似ているなと思いました。

このクズの根の中にあるクズデンプンを取り出したものが、葛粉です。1kgの葛根から取れる量はわずか100gだそうです。

一般的に「葛粉」として販売されているものは、サツマイモやジャガイモ、コーンスターチなどのデンプンと混合されているとのことなので、クズデンプン100%の「本葛」は、とても貴重なことが分かります。

製造工程の様子が写真で説明されていたのですが、大変手間のかかる作業だと知り、高価である理由もよく分かりました。

あれこれ欲しい葛みやげ

物販スペースにも、本当にたくさんの葛商品がそろっていて、目移りしてしまいます。

定番の葛湯にも種類がたくさんあり、季節限定のものもありました。1種類だけのものや、色々な味が詰め合わせになっているものもあって、これもまた迷ってしまいます。

悩みに悩んで、8種類の詰め合わせと、季節限定の「シナモン生姜」を選びました。

詰め合わせには、「玄米茶」「抹茶」「煎茶」といったお茶の味が3種類もあって、面白いなと思いました。季節限定の「紫いも」という珍しい味も入っていました。

写真は、その「紫いも」を自宅で作ったものですが、お湯の温度が少し低かったので、あまり透明感が出ていません。

本来はもっと透明感が出るようで、上手く作るコツは、「熱湯を使うこと」と「よく混ぜること」だそうです。透明感が出ない場合は、電子レンジで30秒ほど温めるといいようですが、我が家には電子レンジがないので、なおさらお湯の温度が肝心でした。

こちらは、『くずの子ロール』というロールケーキ。吉野本葛100%で作られたスポンジ生地なので、グルテンフリーです。

同封の説明書によると、こちらのロールケーキは、『くずの子フォンデュ』というものにアレンジしても楽しめるようで、そちらも試してみました。

電子レンジで30秒温めるのですが、電子レンジがない我が家はトースターを使いました。「クリームがふんわりと盛り上がった瞬間が食べごろ」のようです。

トースターだと温める加減が難しかったのですが、温かいふわふわのスポンジ生地と溶けたクリームがとても美味しかったです。そのままで食べても美味しかったのですが、私は温めたほうが好みでした。

そしてこちらは、『ぷるとろくずもち』という、自宅で出来立ての葛もちを味わえる手作りキットです。きな粉と黒蜜がセットで入っています。

葛もちを流し固めるための専用の型もセットで入っていたので、初めてでも作りやすかったです。

きな粉と黒蜜をかけて、美味しく頂きました。

他にもたくさんの食べてみたい葛のお菓子があって、見てまわるのがとても楽しかったです。

店頭では、季節の葛のお菓子がセットになった『奈良のお土産セット』というのもありまして、色んな商品を一度に楽しむには最適だなと思いました。

奈良に行った時には絶対に寄りたいお店ではありますが、頻繁には通えないなと思っていると、楽天市場にも出店していることを知りました。
日本では昔から、葛粉は消化吸収が良いため胃腸に負担をかけないと言われていて、整腸作用もあるそうです。

吉野本葛お試しセットF 送料無料 初回限定|葛湯 4種[プレーン・抹茶・生姜・しるこ]・スイーツ 3種・胡麻豆腐 2種|本葛 お試しセット吉野葛 くず湯 奈良 天極堂 お試し おためし 和菓子 葛 くず
created by Rinker
¥1,772 (2019/09/20 04:55:28時点 楽天市場調べ-詳細)

私は、数年前にマクロビを勉強した時に、葛粉は身体を温めると知りました。以来、本葛のファンになり、片栗粉の代用として葛粉を使うようになりました。

片栗粉よりも保水効果が強く、時間をおいても水っぽくならないとのことなので、とろみをつける料理にはとても重宝しています。

同時に、本葛が高価であることも実感していて、普段の料理には少しずつしか取り入れることができないので、本葛をぜいたくに味わえる天極堂さんはとても魅力的です。

吉野本葛 天極堂 JR奈良駅店【店舗情報】

  • 住所:奈良県奈良市三条本町1-1 JR奈良駅ビエラ奈良2階
  • TEL&FAX:0742-20-6300
  • 営業時間:10:00~21:00(L.O.19:30)
  • 定休日:年中無休
  • ホームページ:http://www.kudzu.co.jp/

おすすめ記事

1

我が家は、引っ越しがきっかけでガスコンロからIHクッキングヒーターになりました。 IHはお湯が沸くのがとても速く、掃除も簡単で、使い始めるととても便利でした。電磁波が気になりつつも、ガスは化石燃料や二 ...

2

産経新聞社主催の、「体感音楽養生 2017 ヒーリングフォーラム」というコンサートに行きました。 テーマは、『聴いてみよう!周波数528ヘルツの安らぎの音楽』というものです。新聞やサンケイリビングに掲 ...

3

ソーラーパネルが付いた歯ブラシをご存知でしょうか。 半導体内蔵ソーラー歯ブラシ『SOLADEY(ソラデー)』という歯ブラシで、世界15カ国の国と地域で特許を取得しています。 2017年3月末時点で、累 ...

4

ドライヤーを使用中に、突然『バキバキ』と音が鳴り、焦げた臭いと共に白い煙が出てきました。このドライヤーは、10年使っていたパナソニックのイオニティだったのですが、とても気に入っていました。 ひとまず家 ...

5

ヒロコーヒーは、おいしさはもちろんのこと、その品質の高さと安全性からギフトにも喜ばれるのですが、種類が多彩なのでギフト選びも楽しめます。 たくさん買うとお得なドリップコーヒー コーヒー豆、ドリップコー ...

-おいしいお店

Copyright© Amusons-nous! , 2019 All Rights Reserved.