楽しいを、みんな、ずっと。日常にある「楽しい」を綴るブログ《アミュゾン・ヌ》

Amusons-nous!

学びの楽しみ

基本が学べた!通信教育の「ナチュラルフード講座」

更新日:




通信講座で『ナチュラルフード・コーディネーター資格』を取得できる「ナチュラルフード講座」

有機野菜や無添加食材を使ったオーガニック料理を学ぶことができ、食にまつわる情報も満載で、安全な食の基本を学びたい方には最適な教材だと思います。

こちらの講座は、通信教育では40年の実績があるという日本創芸学院が行っている通信講座です。さらに、ナチュラルフード講座には、「公益社団法人日本通信教育振興協会認定 生涯学習奨励講座」というものすごい肩書がついています。
参考ハッピーチャレンジゼミのHP

私がこの講座を知ったのは、本屋で偶然手に取った「安心・安全にこだわるパン屋さん」という雑誌で、途中に載っていた通信講座の1ページの広告でした。このたった1ページの広告との出会いで、私の食と料理への意識が大きく変わることとなりました。

《このような本でした》

すぐに講座を申込みナチュラルフードの勉強を始めたのですが、そこには、今まで自分の中で断片的だった知識が全てまとまっていて、一つのぶれない基礎となり、とても楽しく学ぶことができました。

おしゃれなテキストに心躍る

テキストは4冊あります。まるでおしゃれな雑誌のようで、テキスト内の写真を見ているだけでもワクワクしてきます。

私は料理が苦手で、あまり興味もなく、このナチュラルフードの勉強をするまでは、自分で料理をするという習慣がありませんでした。ただ、オーガニック食材への関心が高い家庭で育ったので、市販の食品に使われている添加物や、外食の食材などはずっと気になっていました。

ナチュラルフード講座には、テキストの他にたくさんの副教材がセットになっています。

分かりやすい料理過程のDVDや、すぐに使える有機の玄米や調味料、そして自分で育てて食べられるスプラウトの種などです。食材がセットになっていると、やる気がそがれずすぐに始められるので嬉しかったです。

提出課題は「学科」と「実習」の2種類あり

それぞれのテキストを勉強し終えたら、学科の提出課題があります。パソコン上で回答をするのですが、合否がすぐに分かります。インターネット環境がなくても、郵送での提出も可能です。テキストは4冊あるので、学科のテストも全部で4回です。

次に、実習の提出課題です。通信講座で実習課題とはどういうことだろうと思っていたのですが、課題の料理を作って、それを写真に撮って、感想などを書いて、専用のページにインターネット経由で送信します。郵送でも提出可能です。実習課題の場合は、すぐに合否は分からず、数日してから先生のコメントと共に結果が見られます。

必修の実習課題は2回で、玄米を炊く課題と、ランチプレートを作る課題です。ランチプレートは、カフェメニューのようにおしゃれなものなので、出来上がったときは気分が上がりました。

他にも任意の実習課題があります。私は、洋食のテキストでは、『てりやきソイベジバーガー』というものをバンズに使うパンを作る段階から作ってみたり、和食のテキストでは、豆腐と高野豆腐から作る『精進ハム』を、スイーツのテキストでは、マクロビスイーツの『いちごのショートケーキ』を作って提出しました。

受講していた当初は、我が家にはフードプロセッサーがなかったので少し手間がかかりました。なくても大丈夫ですが、あったらより便利です。購入した後は、『テキスト4』のスイーツの実習がはかどりました。

講座の期限は6ヶ月ですが、無料で3ヶ月延長することもできます。

私の場合は、早めに起きて朝の30分間を勉強の時間にあてて、毎日コツコツとテキストを読み進めました。そして、休日に実習課題の料理を作って、ギリギリ6ヶ月の期限で修了することができました。平日はフルタイムで仕事をしながらの講座の勉強でしたが、全く苦にならず、とても楽しく学べた半年でした。

私は利用したことはなかったのですが、分からないことや質問があれば、専門家の方が何度でも答えてくれるというサポートもあります。

修了後は、かわいい絵柄の認定証書が送られてきます。

さらに、任意の実習課題も提出したからなのか、後日になって別の賞状も送られてきて驚きました。

修了後も役に立つテキストとサポート

ナチュラルフード講座を修了すると、ナチュラルフード・コーディネーター資格を取得できるのですが、これは民間の資格の一つなので、これを履歴書に書けるというわけではありません。

しかし、この講座には、多くの専門家の方が監修した安全な食に関する情報がたくさん載っていて、食品表示の見方、食品の選び方、日本を取り巻く食品添加物、食材や栄養素の成分表などは、普段の買い物をする上での知識としてとても役に立ちます

また、テキストに載っているレシピは、実際にオーガニック料理のお店を経営されている方や、書籍を出している料理研究家の方など、第一線で活躍されているプロの方が講師として教えて下さっているので、お店のメニューのような見た目にもおしゃれな料理が多く、普段の家庭料理に活かすことができます

料理が苦手だった私ですが、ナチュラルフード講座でマクロビオティックやローフードの知識を得ることができて、自分で料理をするのが楽しくなりました。

もともとお菓子作りは好きだったので、一番利用しているのはスイーツのテキストです。家でも本格的なマクロビスイーツが作れて、人にあげても喜ばれるのでとても重宝しています。それと、酵素ドリンクの作り方も載っていて、こちらのレシピも何度も利用しています。

私は、この教材で初めてマクロビスイーツの味を知ったのですが、最初は、つかみどころのない不思議な味だなと思いました。しかし、今では、その素朴なお味が美味しくて、大好きな味になりました。動物性食材を使っていないので、食後に胸やけも胃もたれもしないのが嬉しいです。

マクロビスイーツで、『紅茶コーディネーター養成講座』にも挑戦したのですが、そちらは別の記事に書いています。


他にも、カフェ開業の仕方や、家での料理教室の開催の方法なども載っていて、そういう道にも繋がるのかと色々と夢が膨らむテキストです。

食の情報は、日々新しい情報が増えていくものですが、ナチュラルフード講座には修了後も継続して受け取れるメルマガのサポートがあります。月1回、最新の食の情報を知ることができるので、とてもありがたいです。

先日は、白砂糖の怖さを訴えているチェコのドキュメンタリー映画の情報を得ることができて、映画館に足を運びました。単館の映画なので、メルマガがなければ知りえない情報だったなと思いました。

私は、偶然手にした雑誌の中の広告でこのナチュラルフード講座を知り、即座に申込みましたが、思い返してみても、私にとってはターニングポイントとも言える出会いになりました。

きっかけというものは予想外のところに散りばめられているのだなということを実感しました。

おすすめ記事

1

我が家は、引っ越しがきっかけでガスコンロからIHクッキングヒーターになりました。 IHはお湯が沸くのがとても速く、掃除も簡単で、使い始めるととても便利でした。電磁波が気になりつつも、ガスは化石燃料や二 ...

2

産経新聞社主催の、「体感音楽養生 2017 ヒーリングフォーラム」というコンサートに行きました。 テーマは、『聴いてみよう!周波数528ヘルツの安らぎの音楽』というものです。新聞やサンケイリビングに掲 ...

3

ソーラーパネルが付いた歯ブラシをご存知でしょうか。 半導体内蔵ソーラー歯ブラシ『SOLADEY(ソラデー)』という歯ブラシで、世界15カ国の国と地域で特許を取得しています。 2017年3月末時点で、累 ...

4

ドライヤーを使用中に、突然『バキバキ』と音が鳴り、焦げた臭いと共に白い煙が出てきました。このドライヤーは、10年使っていたパナソニックのイオニティだったのですが、とても気に入っていました。 ひとまず家 ...

5

ヒロコーヒーは、おいしさはもちろんのこと、その品質の高さと安全性からギフトにも喜ばれるのですが、種類が多彩なのでギフト選びも楽しめます。 たくさん買うとお得なドリップコーヒー コーヒー豆、ドリップコー ...

-学びの楽しみ

Copyright© Amusons-nous! , 2019 All Rights Reserved.