楽しいを、みんな、ずっと。日常にある「楽しい」を綴るブログ《アミュゾン・ヌ》

Amusons-nous!

おいしいお店

神戸で野菜たっぷりのお得なランチ!いなかと都会を結ぶ【ひょうごイナカフェ】




全長約1.2㎞もある神戸元町商店街は、魅力的なお店が多いのですが、特に、JR神戸駅方面にある商店街のお店は穴場が多くおすすめです。

約140年の歴史がある商店街には、カステラ、おかき、お茶屋さんなどの専門店も多く、レトロな喫茶店やお食事処、鞄や靴、陶器や革製品のお店など、見て回るのが楽しいです。日本初の喫茶店やテーラーがあったり、ゴーフルやバームクーヘンなど洋菓子の発祥となったお店もあります。

八百屋さんとも呼べる青果販売店も多く、キャリーケースを持って買い物に来たいと思うのに、毎回忘れて、買うことを諦めてしまうのが残念でなりません。

そんな、魅力的なお店がたくさんある中、今回は、お野菜たっぷりのランチがいただける『ひょうごイナカフェ』に行ってきました。

イナカフェさんは、JR神戸駅方面から元町商店街に入ってすぐ左手にあり、木材建築のナチュラルな外観が目を引きます。道の駅のような雰囲気で、店頭にはたくさんの野菜や果物が並んでいます。

お店の商品はどれも地元の兵庫県産で、いなかと都会のご縁を結ぶ、いな活ステーションとあり、「いなかと、イイなか」とのキャッチフレーズが付いています。

青果売場に気になる看板

イナカフェさんの前を通るたびに、いつも気になっていたランチの看板。その看板は、店先に並べられた色とりどりの青果売場にもあります。

カフェの入口は、建物の右手になりますが、店内では繋がっているのでどちらの扉から入っても大丈夫です。カフェ入口付近には、メニューが掲示してあります。

こちらのイナカフェさんは、2013年に神戸新聞事業社の企画・運営のもとオープンしたようで、お店の公式Facebookを見てみますと、ランチメニューも色々と変わっていってるみたいです。

兵庫県産の食材をいただけるカフェ

お伺いした日は、ランチメニューが2種類ありました。『卵かけご飯ランチ』と『玄米リゾットランチ』で、どちらも540円というお安さです。

私たちは、卵かけご飯ランチを選択したのですが、『オクラのとろろご飯』にも変更できるとあったので、一つはそちらをお願いしました。どちらも、「兵庫県産の野菜を10種類以上使った旬のランチ」と表記があり、セット内容は、玄米ごはん、副菜2種、サラダ、汁物となっていました。リゾットのほうには、サラダと汁物がセットになっているようです。

卵かけご飯の卵は、奥播磨の玉子と表記がありました。専用のお醤油も兵庫県豊岡市の企業が玉子屋さんと共同で作った『まるたん』というものでした。

こちらは、オクラのとろろご飯のセットです。

玄米ご飯にかけて頂きました。

副菜は、煮びたしのナスとししとうでした。どちらの味付けも濃すぎることがなく、とても美味しかったです。こうした旬のものをいただけることが一番嬉しいです。

汁物はお味噌汁かと思ったらカレー風味のスープで、こちらもとても美味しかったです。玄米ご飯の量がたくさんあり、お腹が十分に満たされました。

ランチのあとのドリンクはお得になるようで、おすすめとあった甘酒も注文しました。米こうじの玄米甘酒です。

冷たいのと温かいのを一つずつ頂きましたが、冷たい方はスッキリとした控えめの甘さで、やはり温かいほうが甘さが引き立ちますね。

冷たい甘酒

温かい甘酒

甘酒は定価が350円ですが、ランチとセットで150円引きなので、200円で頂くことができました。ランチと合わせても740円というお安さです。甘酒を飲むとお腹が一気にふくれて、もうお腹がいっぱいでした。

ちょうどランチタイムだったので、店内はお食事の方がほとんどでしたが、一人で甘酒だけを飲みに入られてる方もいらっしゃいました。座席数はそれほど多くはありませんが、一人でも気軽に入れるお店です。

ドリンクメニューも種類が多く、甘酒を使った飲み物も魅力的でした。写真には、『米麹の玄米甘酒豆乳ヨーグルト』とあり、味がプレーン、小松菜、人参の3種類と表記されていました。

店内から商店街の通りを眺めていると、ほとんどの人がイナカフェさんのほうを見ながら歩いていらっしゃることが分かりました。

野菜を買って行かれる方は男女問わず多く、カフェのほうを見て行かれる方は女性ばかりでした。私もいつも見ながら歩いていたので、皆けっこう見ていくものなんだなと面白かったです。

物販コーナーは魅力がいっぱい

店内は、カフェと反対側に物販コーナーがあり、生鮮品のほかに加工品も数多くそろっています。

兵庫県に住んでいても知らない商品がたくさんあり、観光地でおみやげを選んでいるような楽しい気分になりました。

珍しい野菜も気になるし、手作りの丹波の黒豆入りのお味噌も欲しかったのですが、重たくて持ち歩くことができないので、やはりキャリーケースを持ってまた出直そうと思いました。

三宮からは少し離れていますが、道の駅まで出向かなくても、都会でも地場のものが手に入る場所があって、とても便利でありがたいです。加えて、地産地消で旬のものをいただける外食店は貴重なので、良いお店に出会えて嬉しかったです。

HYOGO INAKAFE(ひょうごイナカフェ)【店舗情報】

  • 住所:神戸市中央区元町通6丁目7-9 秋毎ビル1階
  • TEL:078-762-1792
  • FAX:078-763-1792
  • 営業時間:10:00~19:00[ランチタイム:11:00~14:30(L.O.)]
  • 定休日:不定休
  • アクセス:神戸高速線・西元町駅よりすぐ、JR神戸駅より徒歩8分

おすすめ記事

1

我が家は、引っ越しがきっかけでガスコンロからIHクッキングヒーターになりました。 IHはお湯が沸くのがとても速く、掃除も簡単で、使い始めるととても便利でした。電磁波が気になりつつも、ガスは化石燃料や二 ...

2

産経新聞社主催の、「体感音楽養生 2017 ヒーリングフォーラム」というコンサートに行きました。 テーマは、『聴いてみよう!周波数528ヘルツの安らぎの音楽』というものです。新聞やサンケイリビングに掲 ...

3

ソーラーパネルが付いた歯ブラシをご存知でしょうか。 半導体内蔵ソーラー歯ブラシ『SOLADEY(ソラデー)』という歯ブラシで、世界15カ国の国と地域で特許を取得しています。 2017年3月末時点で、累 ...

4

ドライヤーを使用中に、突然『バキバキ』と音が鳴り、焦げた臭いと共に白い煙が出てきました。このドライヤーは、10年使っていたパナソニックのイオニティだったのですが、とても気に入っていました。 ひとまず家 ...

5

ヒロコーヒーは、おいしさはもちろんのこと、その品質の高さと安全性からギフトにも喜ばれるのですが、種類が多彩なのでギフト選びも楽しめます。 たくさん買うとお得なドリップコーヒー コーヒー豆、ドリップコー ...

-おいしいお店

Copyright© Amusons-nous! , 2019 All Rights Reserved.