楽しいを、みんな、ずっと。日常にある「楽しい」を綴るブログ《アミュゾン・ヌ》

Amusons-nous!

暮らしを楽しむ

子連れもOK!【ジャンカラ】で女子会をして良かったこと




学生時代の友達と集まることになりました。

遠方から参加する人もいれば、まだ1歳に満たない子供を持つ人もいて、場所や時間帯がなかなか決まりません。子連れで参加する人からは、お座敷があるお店がいいという希望もありました。

参加する人数は大人が7人、子供が2人(11ヶ月と1歳半)。

当初は、ショッピングモールのフードコートがいいかなと考えていました。それぞれが好きな食べ物を選ぶことができるし、自由がきくので途中参加もできるし、ベビーカーも入れるしなどとメリットがいっぱいだなと思いました。

しかし、お座敷を希望する人には適しません。加えて、集まる人数が多くなると、場所を確保するのも大変です。たとえ確保できたとしても、周囲の状況によっては、話し声が全員に伝わらないのではということも考えられます。

子連れでランチができる座敷のあるお店を探してみましたが、少人数ならまだしも私たちの人数は多く、そうなると話し声も大きくなってしまいがちで、他のお客さんの迷惑になってしまうのが気がかりです。

そうなってくると、もう食事よりも快適に集まれる場所さえ確保できればいいという考えに至り、そうだカラオケボックスはどうだろうとなりました。

カラオケ利用じゃなくてもいい!ジャンカラ

ちょうど全員の都合のいい場所にジャンカラことジャンボカラオケ広場がありました。さっそくジャンカラのホームページを見てみると、私たちにぴったりの利用方法が提示されています。

ジャンカラは、単なるカラオケルームではなく、快適で楽しめる個室空間として利用することができるというスタイルを提唱しています。

各店舗によって個室スタイルは様々なようですが、会議室として利用できたり、シアタールームとして楽しめたり、床や壁がマットになっていたり、卓球台があったり、個人の部屋のような内装になっていたりと、とにかく色々な特徴のある部屋があります。普段はカラオケのみを目的とした利用だったので、こんなに部屋のタイプがあるとは知りませんでした。

これは、カラオケを目的としていなくても、何も後ろめたいこともなく利用することができると思い、ジャンカラで女子会をすることに決めました。

さらに、子連れでの女子会は、私たちそれぞれの事情にとても適することばかりだったのです。

都合のいい時間に到着OK!フリータイム

ジャンカラは、前もって部屋の予約ができます。

ただ、予約できる部屋は限られていますし、WEBからも予約ができますが、店舗によって条件が異なるので利用するときは確認することをおすすめします。WEB予約だと店舗によっては早割などもあります。私たちは前日に電話で予約をして、人数と座敷を希望する旨を伝えました。

私たちの中には時間にルーズな人もいますし、子供を連れてくる人はどれくらい滞在できるか分からないし、遠方の人は何時に到着して何時に帰らなければならないのかが分からないので、フリータイムを選択しました。

フリータイムは開店時間から19時までだったので、それぞれの都合の良い時間に来て、そして帰ることができたのでとても便利でした。

ただ注意点としては、予約の際に、最初に入店する人の時間が何時になるかは伝えなければなりません。たとえ最初に入店するのが一人だけだったとしても、カラオケがあるので待っている間に一人カラオケができるねと友達と話していました。

話し声が大きくても、子供が泣いても大丈夫!防音の部屋

女性が大勢集まると話しは尽きず、ついつい声も大きくなってしまいがちです。そして、子供は普段とは違う環境や顔ぶれに大泣きすることもあります。

私たちの場合も、部屋の中に泣き声が響き渡っていたので、子供の母親は周りに聞こえていないかと気にかけていました。しかし、そこで皆ハッとして、カラオケをする場所だから大丈夫だねと言って安心しました。

ついついヒートアップして話し声が大きくなっても、大笑いしても、子供が大泣きしても、周囲を気にすることなく過ごせたのはカラオケ店ならではの防音設備のおかげです。この点も本当に良かったと思いました。

子供が泣き止まない!ここで本領発揮のカラオケ

子供の母親が席を立とうとすると、まだ小さな子供は大泣きしてしまいます。いくら大人が何人もいたところで、やはり母親の代わりにはなれません。保育士免許を持った子育て経験のある人もいたのですが、子供をあやしてみるものの泣き声は増すばかり。

さて、どうしたものかと悩んだ時に、そうだカラオケを使おうということになりました。

カラオケの選曲はジャンル別での検索ができて、子供向けのジャンルもあります。さらに選択していくとテレビ番組ごとに分けられていて、たとえ曲のタイトルや歌手名が分からなくても、絞り込んで選曲することができたので、素早く対応できてとても便利でした。

その中から、実際のアニメの映像が画面に表示されるものや、子供がよく知っているというダンス付の映像の曲を選んでみたのですが、これが大正解でした。保育士の人が歌を担当し、他の大人が映像に合わせて踊ったり手拍子をしたりすると、子供は画面に釘付けとなり、すっかり泣き止んでくれました。

このスキにと、子供の母親は席を離れることができたのですが、これもカラオケ店であったが故なのでとても助かりました。カラオケはこういう使い方もできるのだなと新たに感じたことでもありました。それ以降、子供が泣くたびに何度も曲をリピートしました。

子供が寝た!お座敷で助かった

各人の入店・退出が自由にできるフリータイムでの利用なので、すでに昼食を食べて来た人、カラオケ店で食事をしたい人と状況は様々です。

また、しっかり食べたい人もいれば、簡単なおつまみ程度で十分な人もいるので、軽食、スイーツ、ランチセットという幅広いメニューがあったことも便利な点でした。期間限定のメニューなどもあり充実しています。子供用の食器も持ってきてくださり、ありがたいお心遣いでした。

ジャンカラは、食べ物の持ち込みも可能なので、子供は離乳食を、大人はおみやげのお菓子などを持ってきて食べることもできました。注意点としては、ジャンカラのホームページによりますと、バースデーケーキを持ち込む場合は店舗への連絡が必要なようです。

飲み物はフリードリンクがあり、ソフトドリンクが飲み放題です。温かいコーヒーや紅茶もあるので十分満足でした。

私たちの部屋は、フローリングの床に座布団のような個別のマットを自由に敷けるタイプだったので、昼食を終えた子供が眠ってしまっても、横に寝かすことができました。掘りごたつタイプのお座敷ではなかったので、寝返りしても安心でした。部屋が広かったので、2人の子供を寝かせても十分なスペースがありました。

フリードリンク込みのお得な料金設定

ジャンカラは、部屋の使用料にフリードリンクの金額も含まれていますが、店舗によって設定が異なっています。また、平日や祝日、昼間や夜間によっても変わり、学生料金や会員料金など細かく設定が分かれています。

清算は、退出時に全員分を一括だったので、最後に帰る人がまとめて支払いました。小学生は一般料金の半額、小学生未満は無料です。

それぞれの食事代を含めた金額を、それぞれが帰る時に幹事に支払うようにしたのですが、一人あたり1000円ほどでした。子連れの人は3時間程度の滞在で帰っていきましたが、もしこれが、どこかのお店でランチを予約して、その場合は時間制限もあって…と考えるとずいぶんとお得で有意義な場になったと感じます。

ベビーカー対応やトイレなどの点では、店内の仕様は子連れには不便かもしれませんが、子連れでの女子会にカラオケ店を利用するのも、選択肢の一つとして有りだなと思いました。私たちは集まる場所にとても悩んだので、ジャンカラを選んで本当に良かったです。

おすすめ記事

1

我が家は、引っ越しがきっかけでガスコンロからIHクッキングヒーターになりました。 IHはお湯が沸くのがとても速く、掃除も簡単で、使い始めるととても便利でした。電磁波が気になりつつも、ガスは化石燃料や二 ...

2

産経新聞社主催の、「体感音楽養生 2017 ヒーリングフォーラム」というコンサートに行きました。 テーマは、『聴いてみよう!周波数528ヘルツの安らぎの音楽』というものです。新聞やサンケイリビングに掲 ...

3

ソーラーパネルが付いた歯ブラシをご存知でしょうか。 半導体内蔵ソーラー歯ブラシ『SOLADEY(ソラデー)』という歯ブラシで、世界15カ国の国と地域で特許を取得しています。 2017年3月末時点で、累 ...

4

ドライヤーを使用中に、突然『バキバキ』と音が鳴り、焦げた臭いと共に白い煙が出てきました。このドライヤーは、10年使っていたパナソニックのイオニティだったのですが、とても気に入っていました。 ひとまず家 ...

5

ヒロコーヒーは、おいしさはもちろんのこと、その品質の高さと安全性からギフトにも喜ばれるのですが、種類が多彩なのでギフト選びも楽しめます。 たくさん買うとお得なドリップコーヒー コーヒー豆、ドリップコー ...

-暮らしを楽しむ

Copyright© Amusons-nous! , 2019 All Rights Reserved.